大いなる風俗体験
フリースペース
 >  > 美容院の需要は意外にある

美容院の需要は意外にある

以前、連休中に出かけた際に川越に行きました。用事以外では特に川越で何かをしようという予定がなかったので、宿泊ついでに寄るの街を散歩したときのことです。ご飯を食べられるところでもあればと考えていましたが、たいしてなにもなかったというのが印象です。多かったのがキャバクラ店で、どこからお客さんが来るんだというくらい閑散とした街並だったので逆にお店の経営が心配になったことを覚えています。キャバクラ店などが多い他に非常に多かったのが美容院・美容室です。といっても普通の美容院だけではなく、明らかにギラギラした雰囲気です。そうです。昼間に普通のお客さんを相手にする店舗とは違い、夕方頃からお店を開けて夜のお店の為に営業している類の美容院なのです。普通であれば夜の8時くらいには閉まるであろうお店に煌々と明かりが灯っている様を見れば、一目瞭然です。それにしても、多いです。昨今では、コンビニや歯医者がどこにでもありますが、美容院も負けてはいません。さらに美容院の中でも夜系に特化しているお店なので多いと驚きを隠せません。地域にもよるのでしょうが、夜のお店の数だけ需要があるわけですから納得です。後から分かりましたが、全国でもこういった類の地域は少なくなく、以外に多いことが分かりました。ですが、特に多いのは田舎や地方都市です。人が多く居住しているエリアにはコンビニや歯医者が多いですが、同様にキャバクラ店が多いところに美容院ありといったところなのでしょう。なければ困りますからね。ですが、何らかの要因で周辺地域一帯が特定のお店で埋め尽くされるとしても、場所がなければ始まらない為、田舎や地方のように土地の余るところでは非常に多くのキャバクラ店や美容院が溢れてWIN-WINでやっていけているのでしょう。不思議ですが納得できてしまうことでした。

[ 2015-03-13 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談

川越の美容院 美容室|organic[オーガニック]